トップページ>2011年6月

2011年6月

カテゴリー


アーカイブ

車の燃費

今日もムシムシした不快指数の高い1日でした。 さわやかにかいた汗ではなく、じと~っとかく汗は気持ち悪いですね。 早く梅雨明けしないかなぁ。 夜だけ雨が降ればいいのに、、、。

 

今日は、ふと思った車の燃費の話。

 

最近の車はどれも燃費が良いですよね。 昔乗っていたエンジンが背中のほうにある車は、それでも8~10km/L位は走ってくれて、まぁまぁ悪くは無いな、なんて思っていたものですが、今の車だと20km/Lを切ったりすると、なんか燃費悪いなぁなんて思ったりして。乗ってる車も変わりましたが、最近はどうやったら燃費が良くなるかばかりを考えています。

 

最近良く言われるのが「ふんわりアクセル」、「20km/hまで5秒」と言うものですが、私はこのスローガンには100%反対派です(笑) 別に暴走を薦めているわけではないですが、皆さん実際に20km/hまで5秒かけて加速してみてください。 恐ろしく遅いことに気がつくはずです。 ゆっくりなんてものじゃなく、後ろの車と喧嘩になりそうなくらいの加速ですよ(笑) このスローガンを思いついた人の根拠は分かりませんが、たぶん車の運転をしない人ではないかと思いますね。 この加速では、車の流れを乱し、他の車の燃費を悪化させます。
ゆっくり加速すれば燃費がよくなると言う考え方そのものが間違っていると思いますけどね。

 

今は軽自動車でもコンパクトカーでも燃費計がついてますよね。 瞬間燃費というのを見ることが出来ると思うのですが、ためしに加速中の燃費を見てみてください。恐ろしく悪いと思います。 では、加速をやめて定速走行に入るとどうでしょう。 ぐんと燃費がよくなりますよね。 それでは加速の仕方ではどれくらい違うのか。 ゆっくり加速しても、流れに乗れるくらいの加速をしても、そんなに燃費は変わらないはずです。 つまりは、加速している時間を出来るだけ短くしてやれば、燃費はよくなるんですよ。 ちなみに私の車の場合ですが、だらだら加速を続けた場合と、普通に加速した時では、大体2~3km/L位は燃費が変わりますね。
それから、軽自動車は燃費がいいと言うのも幻想です。 燃費だけを考えれば、おそらく1Lから1.3Lくらいの車が一番良いでしょう。 これは排気量と重量のバランスの問題で、軽自動車は重さも割りに力が無いので、あらゆる場面で無理をすることになり、燃費が悪化するんです。 乗っている方は分かると思いますが、軽自動車はちょっと向かい風だったりするだけで、アクセルを踏む量が全く違ってきます。 もちろん軽自動車の美点と言うのはそれだけではありませんが、なぜ、政府が軽自動車をエコだと言って推奨するのか分かりません。

 

そうそう、それとやたらとエンジンの回転数を気にする人もいますが、まわさなければ燃費がいいと言うのも大きな間違い。 燃料の消費は、アクセルの踏み込み量に比例します。 2,000回転しか回さなくても、ガバッっとアクセルを踏めば燃費の消費は多くなります。 逆に4,000回転回しても、適正な踏み込み量であれば、決して消費量は多くないはずです。
結構誤解が多いですよね。

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき

鉄鋳物

今日は、気温自体は26℃位と、それほど高くはなりませんでしたが、湿度が異常に高く、不快指数急上昇の1日でした。紙なんか湿気でシナシナしちゃって、ペンのすべりも気持ち悪い感じでしたね。

 

さて、今日は鉄の鋳物のお話。

 
鉄の鋳物と言うと、ごつくて重いと言うイメージでしょうか。 確かに比重が8弱もあるのに、分厚く成型されているので、確かに重いんです。 良く巷で見かけるルクルーゼやストウブなどは、20cmくらいの鍋でもずっしりと重いです。 これを寝ている時に、頭の上に落とされたりしたら、、、。 カミさんには優しくしましょう(笑)

 
なぜ重いかと言うのは、ただ単に厚いからです。 ではなぜ厚いのか? 通常は厚くしか作れないんです。 鋳物ですので、溶かした鉄を主には砂の型に流し込んで成型するわけですが、厚く成型しないと溶かした鉄が上手く流れず、不良が多くなると言うのがひとつ。 鉄は砂型の中を流れながらどんどんと冷えていきますので、薄いとすぐに冷えてしまってだめなんですね。 仮に冷えないように温度管理をしても、素材そのものがもろいので、薄いとすぐに割れてしまうと言うのがもうひとつ。 これは湯(溶かした鉄)の中に入っている炭素の結晶の形状に起因するものなのですが、炭素の結晶がフレーク状に析出してそれぞれが繋がってしまうために、その部分に応力が集中し、割れてしまうんです。そこで今、ダクタイル鋳鉄と言うものがクローズアップされてきていまして、これは、そのフレーク状に析出する炭素の形状を球状にし、強度を飛躍的にアップさせたものなんです。 言葉で書くと簡単なのですが、実際には湯のコントロールが難しく、なかなか一筋縄には行かないのですが、これにより、従来の鉄鋳物鍋と比較して、半分以下の重量にすることが出来るので、他製品に対しての大きなアドバンテージになります。

 

今、ダクタイルを使って新製品を作っていますが、次から次へと問題が出てきて、、、(涙)
でも、だからこそ、誰にもまねできない製品になるのですけどね。

 

カテゴリー : 管理人ブログ 製品情報

雑誌掲載

今日の新潟は、朝方は結構雨が降っていましたが、昼ごろからは雨も上がり、
おかげで非常にムシムシした天候の一日でした。

 

今日は雑誌掲載のお知らせです。
弊社でホームページを管理させていただいております、藤井恵先生の記事が載っております。
ホームページはこちら→ http://www.fujiimegumi.jp/index.html
(両雑誌とも、すでに発売されております)

 

- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - -

 

からだの本  ( オレンジページ  2011年6月17日発売  )

禅食でからだスッキリ
ページ : P34~37

韓国で話題の美容食!
手に入れやすい食材でアレンジしたレシピをご紹介!

 

- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - -

 

レタスクラブ  (  角川マーケティング  2011年6月25日発売  )

保存版 いいことずくめ! しょうがレシピ
ページ : P19、21、23、25、30~31

 

今が旬の新生姜を使ったおかずや、あと1品欲しいという時のミニおかずで
たっぷりと生姜を味わえます。
からだによい成分がたっぷり詰まっているのでこれからの暑い時期に是非。

 

- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - -
ホームページでは、藤井恵先生オリジナルのキッチンツールも販売しております。
ショップはこちら→ http://www.fujiimegumi.jp/shop.html
藤井先生が使い勝手にこだわりぬいた、鍋やフライパン、ツールなどがそろっています。
是非、のぞきに来てください!

 

 

 

カテゴリー : 管理人ブログ お知らせ

公開録画

週末から雨が降り続けておりまして、梅雨らしい天候が続いております。 でも、昨日のカミさんの情報によると、今日は晴れで、気温も30℃近くまで行くと言う話だったんですけど、寝ぼけてたかな?

 

今日はお知らせです。

 
地域限定のお知らせになってしまうのですが、7月2日(土) 午後2:30~、NHK佐賀放送局開局70周年記念 がばい元気宣言「フィルムはつなぐ ニュースフィルム劇場(仮)」公開録画に、マロンがゲストとして出演します。
NHK佐賀放送局が昭和40年~50年代に放送したニュースフィルムをもとに当時の行事や風景・人々の生活にスポットをあてながら、佐賀の昔と今をつないでいく番組です。
入場は無料ですが、申込みが必要となっております。

 

 

詳細は下記のリンクから見ることが出来ます。
http://www.nhk.or.jp/saga/event/e-det0055.html
佐賀地区の方、申し込みお願いしまーす。

カテゴリー : 管理人ブログ お知らせ

正義

今日は午前中は暴風で、午後からは豪雨と言う、とてもひどい日でした。 やっと梅雨らしくなったといえばそうなんですが、髪はボサボサになるし、ちょっと先にある車に乗るだけでびちょびちょになるし、、、。雨は夜だけにしてくれないかなぁ。

 

今日は、朝のラジオでマイケル・サンデルの名前が出てきたので、ちょっと思い出したことを。
皆さんも「これから正義の話をしよう」と言う本を、本屋さんで見かけているのではないでしょうか。サンデルさんはその著者です。 管理人は最初、ソフトバンクの社長の話かと思ってました(笑)
結構面白い視点から正義について書かれているんですが、なんか違和感もあって それはやはり英語と日本語の違いから来るもので、土台となっている文化が違うわけですから、完全に翻訳することなんて出来ないんですよねぇ。 原題で使われていたのか確か「Justice」で、それを「正義」と訳しているわけですが、両方の文化圏で暮らしたことがある人は感覚的に分かると思うんですが、「Justice」=「正義」では無いんですよねぇ。 上手くいえないんですけれども。
かといって、本の内容がおかしくなるようなズレではなく、ちゃんと楽しめますんでご心配なく(笑)

 

内容はまさに「正義」の話です。 正義とは何ぞやと言う哲学です。
簡単に言うと、正義なんてものは、己の立場から見た話であって、他人からはそうではないと言ったことなんですが、結構考えさせられますし、また、答えが出るものでもないので、すっきりもしません(笑) 面白いですけどね。
たとえば皆さんご存知?の「ガッチャマン」。物語の中では科学技術庁のガッチャマンが正義で、ギャラクターが悪ですよね。 ただ、物語の本筋をちょっと視点を変えてみてみると、新エネルギーを独占支配しようとする科学技術庁と、そのエネルギーの解放を求めるギャラクターとなるんです。 どっちが正義だと皆さんは思いますか?

 

やっぱりガッチャマンですかね(笑)

 

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき

 古い記事へ»