トップページ>管理人ブログ>管理人のつぶやき>水害

管理人ブログ

カテゴリー


アーカイブ

水害

いやー、新潟地方すごい雨です。 全国ニュースになってしまっていますので、皆さんご存知かとは思いますが、久しぶりにすごい雨です。気温はそれほど高くは無いのですが、湿度が高いので、不快指数もすごく上がっています。

 

今日はこのまま天気の話を続けたいと思います。
新潟地方、すでに河があふれてしまった場所もあるようで、非常に心配ではありますが、心配と言うと管理人の勤めている県央地区は2004年に7.13水害と言う名前までついてしまった被害を受けております。まさにその再現となるのではないかと、住民一同ヒヤヒヤしておる状況です。ダムも一杯になってしまったようで、放水を始めてしまいました。河などはすでに橋げたが見えなくなるくらいの水位になっています。対策したんじゃなかったんですかねぇ、しかし。
 

県央地区だけではなく、管理人の住まいのある新潟市も、1998年の8月4日(違ってたらごめんなさい)に水害に見舞われておりまして、気象庁から名前まではつけて頂けませんでしたが、新潟市のかなりの地域が水没すると言う、大きな被害がありました。管理人も車を4台水没させてしまい、呆然としたことを覚えています。この時の水害は、もちろん大雨が主な原因ではあったわけですが、排水機場のポンプが壊れると言う致命的な問題もあった、複合的な災害だったのです。「排水機場?」「なにそれ?」って皆さん思うでしょ。実は新潟平野の1/3は海抜ゼロメートル地帯、つまり、海面よりも低いんです。そのゼロメートル地帯のほとんどが新潟しだという話です。なので、平野を平野にしておくためには、水を排水し続けなければならず、そのための排水機場なんです。
 
管理人が小さかったころは、ちょっと大雨が降ると、すぐに家の前の道路が冠水していた記憶があります。子供の頃はそれがうれしくて、模型の船を浮かべて遊んでいました。近所の池から錦鯉なんかも逃げ出してきたりしていて、それを追っかけて遊んだり…。
今考えると、下水(どぶ)の水も一緒にあふれてきていたわけなんで、きったない話ですよね(笑)
 
この雨がこれ以上ひどくならないことを祈りつつ、うちに帰ろうと思います。
 

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき