トップページ>2011年9月

2011年9月

カテゴリー


アーカイブ

台風15号

全国的にそうだと思いますが、新潟も台風15号の影響がかなり出てきました。朝方は大したこと無かったんですが、台風自体のスピードがかなり上がった事もあり、急激に状況が変化しています。

 

 

これから夜半にかけて新潟に最接近するようですね。
なので、帰れなくなると悪いので、今日は帰らせていただきます(笑)

 

 

皆様も被害にあわれませんように。

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき

100歳の祝い

台風の影響で全国的なのだとは思いますが、新潟県央地区は昨日から雨模様で、気温もグンと下がりました。
日曜日は暑かったんですけどね。寒暖差が10℃もあると、子供や年寄りは大変です。

 

ということで、今日はウチのばあさんの話です。
今年、満年齢で100歳を迎え、昨日の敬老の日、内閣総理大臣、新潟県知事、新潟市長から祝状、そのほかに、銀杯と記念品の鎚起銅器の茶筒、きんちゃく、それから金一封をいただきました。まことににありがたいことです。
一応、本人に説明をすると、その場ではなるほどと手を打って納得しますが、5分後には同じ事を聞いてきます(笑)。しかし、兄弟の仲で一番体が弱かったウチのばあ様が、まさか一番長生きするとは誰も予測できなかったことでしょう。
 
本年度に新潟県で100歳を迎える方は全部で678人で、内、男性が96人、女性が582人だそうです。
やはりというか、85%が女性なんですなぁ。更に、現在100歳以上の人口では、新潟県全体では1,198人で、男性が151人、女性が1,047人だそうで、その割合は87%以上となります。女性は強いです。
 
新潟県の人口からみれば、100歳以上の方の割合は約0.06%ですが、65歳以上の人口をみてみると、約624,000人と、県全体(約2,364,000人)の26.4%となります。全国平均よりも高いのだそうです。毎年、65歳以上の人口は増え続けていますが、新潟県全体の人口は減少し続けています。なので、65歳以上の人口割合も、どんどん大きくなってくるわけです。比較的若い年代の人口流出が止まらないようで、このままでは老人ばかりの県になってしまいます。なぜ若年人口が増えない(とどまらない)のかといえば、結局は働き口が無いからなのでしょう。結局は産業の活性化が急務なんでしょうね。
 
新潟県民歌では、♪け~んみんに~ひゃ~く~ご~じゅうま~ん~♪ と歌っているわけで、236万人ではいかんわけですよ。頑張って新潟をアピールして、引っ越してきてもらわなくっちゃ(笑)
 
ちなみに、新潟県民歌を知らない新潟県民は、こちらで勉強してください。

http://www.pref.niigata.lg.jp/kouhou/1195575342049.html

管理人はバッチリ歌えますよ。
 

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき

ピロシキ

今日の新潟県央地区は、気温は25℃ほどとあまり高くは無かったですが、湿度が80%以上でしたので、日差しも照っていたのもあり、暑く感じた1日でした。 とはいっても殆んど外に出ていないんですけどね(笑)

 

なんか、ブログを読み返すと、世の中に吼えてばかりみたいなので、たまには違った話を。
 
今朝、通勤中に、なにがきっかけになったのか良く覚えていないんだけれども、小学校の頃からの親友のお母さんを思い出したんです。 なんて事の無い出来事なんですが、あるエピソードが強烈に心の中に残っておりまして、たまにリフレインするんです。 そのエピソードというのが…。
 
非常に頻繁に彼の家には遊びに行っていたのですが、ある日、おやつだったのかなぁ、ピロシキを出してくれたんです。 その時はピロシキなんて名前も分からず、ただ単に「ものすごく美味いパンだな」と思って食べていて、その時、その感想をそのまま口にしたんですよ、「これ、凄くおいしいね」と。
そしたら、次に遊びに行った時も、その次に遊びに行った時も、ピロシキがあるんですなぁ。 その時は、管理人は馬鹿ですから、何でこいつの家にはこのおいしいパンがいつもあるのだと、不思議に思ながらもおいしくいただいていたのですが、ある日、馬鹿な管理人も気がついたんですよ。管理人が「凄くおいしい」なんていうものだから、わざわざ管理人のために買いに行ってくれていたということに。 それを知った時は、猛烈に申し訳なく、それ以上にうれしく、且つ恥ずかしかったことを覚えています。 その後どうしたのかの記憶が無いのですが、ちゃんとお礼もしていなかったんじゃないでしょうか。
 
もうその方はご存命では無いのだけれども、もう一度改めて御礼が言いたいなぁ。
 

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき

赤ちゃんが乗ってます

今日の新潟県央地区は、またまた30℃を超える真夏日でございました。 昨日の晩なんかは、ちっとも気温が下がらず、管理人のウチでは朝方から25℃あったくらいです。週間天気予報は、週末の三連休が雨だといっていますね。 でも、久しぶりの休みだから、曇っても良いから降らないで欲しいなぁ。

 

今日は「赤ちゃんが乗ってます」サインについて。
 
自動車の後ろの窓に「赤ちゃんが乗ってます」と書かれたステッカーや、スイングサインをつけている車を見かけますよね。特に軽自動車や、コンパクトハッチバックに多いですよね。皆さんあのサインについてどういう考えをお持ちですか? 「赤ちゃんが乗っているから煽ったりしないでね」ということ? それとも「赤ちゃんが乗っているので、ゆっくり走っているから許してね?」ってこと? なんだかどちらもおかしな話のような気がしません? 別に赤ちゃんが乗っているから煽りたくなるような事も無いでしょうし、煽られる時はサインの有る無しは関係ないような気がします。ゆっくり走る事だって、常識的な安全運転であれば、わざわざ宣言しながら走ることも無いと思います。
 
ほとんどの場合は後ろの窓につけられていますよね。初心者マークなどと違い、前にはつけないということは、主に後ろのドライバーへのアピールに使っているのだと思います。なので「煽らないでね」という意思表示の意味合いが一番大きいのかな?
 
貼っている方々がどのような意味で使われているのか分かりませんが、結構、このサインを表示している車に限って、マナーが悪かったりする様に見えるのは、管理人の偏見でしょうか? どうも「赤ちゃんが乗っているから、私のマナーの悪さを見逃してね」「運転が下手だからいじめたりしないでね」のような、水戸黄門の印籠的な使い方が多いように感じてしまうのです。 時々「赤ちゃんが運転してます」の間違いじゃないのか?と思いたくなるような人もいますしね。
 
とあるコラムで、「赤ちゃんが乗ってます」サインは、事故にあったとき、子供が乗っているのだということを、レスキューに知らせるためのサインなんだと読んだことがあります。 あぁ、なるほどと思ってしまいそうですが、じゃあ貼ってなければ赤ちゃんを探さないのか?乗っていないのに貼ってあったら、いない赤ちゃんを必死でレスキューは探すことになるのか?など、混乱ばかりが思い浮かびますので、管理人はちょっとこの考えには賛同出来ません。
 
誰か、あのサインのルーツをご存知の方がいましたら教えてください。
 
管理人の車はどうなんだって? 私の車には貼っていませんが、カミさんの車には貼ってあります。
意味? かわいい息子が乗ってますって言う、単なる自慢です(笑)
 

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき

簡易放射線測定器

新潟県県央地区、今日は30℃を越えるあっちぇー日でございました。週間天気予報の雨日が、毎日ずれていっているのは気のせい?車が埃っぽいから、降ってくれるとうれしいんだけどなぁ。

 

今日は放射線測定器の話。
 
エステーから家庭用の放射線測定器が発売になりますね。10月20日からの発売との事ですが、年間生産予定数が1万個と少なく、既に予約合戦が始まっているようですね。
簡易測定器ではありますが、きちんと作られているようで、ある程度信用できるものなのかなという気はしますが、測定器というは使い手しだいで、正確に間違った値も表示してくれますので、使う側が正しい知識を身につけたうえで使ってもらえることを望んでいます。
 
おそらく、放射線測定が、変な意味でブームになるでしょう。
 
皆さんご存知の通り、放射線というのは自然界に元から存在するものです。なので、九州でも、沖縄でも、その辺で測定すればある程度の値は示すと思います。更に、今回の原発事故と関係なく、もともと放射線量の多い土地もあるわけで、改めて測ったことによって、今まで知らなくて平和に過ごしていたのに、高い値を示したことにより、プチパニックになったりしないかなと心配してしまいます。
仮に、高い値が出てしまっても、「なぁんだ、今までも何も無かったんだから問題ないんだ」と思ってくれればいいんですけどね。
 
マスコミが無意味にあおったりしないようにお願いしたいものです。
 

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき

« 新しい記事ヘ  古い記事へ»