トップページ>管理人ブログ>製品情報>

管理人ブログ

カテゴリー


アーカイブ

今日の新潟県央地区は、秋晴れの良い天気で、とても暖かい1日でした。昨日は朝方に雨が降って、結構涼しかったのですが、今日は日も照っていたので、車を運転している時は窓を開けないと、汗ばむくらいの陽気でしたね。

 

今日は桐の話し。
たまたま、久しぶりにホームセンターで桐のまな板を見かけて、「昔、沢山買ったなぁ」なんて思いながらいろいろ昔話を思い出したので、忘れないうちに書き留めておこうと思います。
 
桐といえば箪笥というくらいにポピュラー(実際に持っているかは別にして)な材料ですよね。木材の中で最も軽く(日本ではね)、湿気を通さず、狂いが少なく、しかも成長が早いと言う、箪笥のために生まれてきたような材料です。しかも、含まれているパウロニンやセサミンの作用で防虫効果もあり、タンニンの効果で腐りにくいと来たもんだ。まな板なんかも、刃当たりが優しく使いやすいと言うことで、昔はものすごく売れましたね。今はやっぱりプラスチックが主流になってますけど。
 
桐材のまな板などは、抗菌作用を謳った製品もありますが、実際のところはどうなんでしょう? まぁ、抗菌ですしね。殺菌や滅菌だと疑わざるを得なくなりますが、抗菌なら増えなければいいだけですからね。でも、結構微妙なところなんじゃないでしょうか。
 
桐は実は草の仲間で、ゆえに「木」と「同(じ)」と書くとよく言われますよね。管理人も基本的にはそう思っていましたし、今もそう思っています。セールストークにも良く使いましたしね。でも実際には、「木」と「草」の明確な区別は無いのだそうです。学問的な分類ではキリは「ゴマノハグサ科」に属しますので、草なのかなと言う感じもしますが、桐は実際に箪笥を作れるくらいに幹の部分が木化しますので、あれを草と呼ぶにはちょっと厳しいと言う考えもあります。
 
管理人は見たこと無いのですが、実際に桐の苗木を見てみると本当に草みたいなのだそうです。それが、だんだんと木のように変化していくので、「桐」と言うような字になったのかもしれませんね。本当かどうかはわかりませんよ(笑) あくまでも管理人の主観です。
 

カテゴリー : 管理人ブログ 製品情報