トップページ>2012年6月

2012年6月

カテゴリー


アーカイブ

再稼動 3

今日の新潟県央地区の天気は、快晴、快晴、快晴で、あっちぇー日でございました。気温も27℃位まで上がったそうですが、何より日差しが強かった日でした。そういえば、週末にかけてあったはずの雨マークが無くなっていましたね。日曜日からはしばらく雨模様のようですが…。

 

今回は、原発反対派の意見に関して。
 
ある人が、「原発の再稼動には、利権が絡んでいるから、どうしても再稼動させたいんだ」と言っていました。確かに原発が再稼動することによって、当然お金は動くでしょう。それによって利益を得る人もいますよね。不正に得る利益は良くないですが、でも、通常の経済活動で発生する利益と言うのは、当たり前の物でしょう?皆ボランティアではないのですから。
ちなみに、原発を停止させることでも、立派に利権は発生します。カレーでは無い方のSBなんていい例でしょう?反対派の人はその辺をわかっているのでしょうか?判っているけど言えないのかな?
 
また、「原発を停止したことによる電力不足は、節電で十分にまかなえる」という意見もありますよね。
確かにその通りでしょう。使わなければいいだけのことですから。でも、それによる経済活動の低迷は避けられるものではなく、国力に大きな影響を与えますよね。必要なものまでガマンしなくてはならない訳ですから。その辺はどう考えているのでしょう?国自体が立ち行かなくなる可能性もあるということを、ちゃんと認識しているのかな?
 
「安全ではない原発が稼動したままでは、災害時に大きな被害を生むから」という意見もあります。ちなみに、原発は発電をやめただけでは、災害時の危険性など殆んど下がりません。発電していようと、停めていようと、危険なのは変わりないんです。その場から核燃料がなくならない限りね。更に、プラントと言うのは、稼動している状態が普通な訳で、そのような設計になっていますから、停止している状態ではどんどんと傷んできます。しかも、中身が中身ですからねぇ。どうするんでしょ?判ってるのかなぁ。
 
「原発の代わりは自然エネルギーで」なんて寝ぼけたことを言っている人がまだいるようですが、風力やソーラーで原発の代わりをさせるのに、どれくらいの投資と規模が必要か、解かって言っているのでしょうか?それに相手は自然なんでねぇ。カメハメハ状態で良いんでしょうかね?
 
アンチ原発の風評で、技術者が育たないと言うのも大きな問題です。原発を終わらせるためにも、技術者は必要なんですけどね。今、日本では冷遇されてしまうので、原発技術者の海外流出が止まらないそうです。日本に残っている技術者も、被曝量が規定値を越え、原発に入れない人もどんどん出てきています。
海外には原子力を必要としている国もあるわけですし、更に、自国の原子力がこの先どのような方向に進もうとも、技術者は必要なわけですから、原子力=「悪」だと言うイメージで、関係者をいじめ続けると、終わらせることも出来なくなっちゃいますよ。
 
いやー、長くなった。
 
3日間に渡った原発再稼動がらみのブログですが、見る方向を固定すると、見えなくなってしまうことが多いと言うことがわかってもらえると嬉しいです。
 

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき

再稼動 2

今日の新潟県央地区は、昨日に引き続き快晴でした。皆、こんな天気が続けばいいと思っているんでしょうなぁ。でも、そうは行かないんですなぁ。

 

昨日の続きで、今回は原発推進派の意見に関して。

 

原発の再稼動に対して賛成派の人でも、原発を推進していきたい人と、再稼動はさせるが、終わらせていきたい人がいます。でも、報道ではどちらも再稼動推進派ですよね。確かに再稼動に関してピンポイントで考えればそうです。でも、未来に対してののビジョンは大きく違います。 再稼動と原発推進とは、切り離して考えるべきだと思います、管理人は。

 

「試算では、今夏、電力が不足する見込み」と良く聴きますが、いつの時点のデータで試算しているか、非常に不透明ですよね。報道では、いかにも最新のデータを使って予測しているように聞こえますが、実はそうではないと言う話しですよ。確かに、今回の震災で、すでに稼動を停めていた発電所を再稼動していると言うのも事実ですので、故障率などの配慮しているのかもしれませんが、その辺も含め、詳細も発表してくれればいいんですけどね。そうすれば、その発電所の近くの人たちが、各自、実際のところをチェックできるでしょう。あぁ、発表の通りだとわかれば、安心もするでしょう。都合の悪くなりそうなところを、故意では無いにしろ、公表しないから不信感を生むんですよね。

 

「再稼動に際しては、ストレステストをパスする必要がある」というのは、皆さんご存知かと思いますが、ストレステスト自体に、どれほどの信憑性があるのかわからないのですから、不安ですよねぇ。テストなんて言うと、物理的な試験を想像しますが、原発に対してそのようなことは出来ないので、実際には机上での計算となります。設計通りに作られていればいいですけど、そうで無いからいろいろトラブルが起きるんであって、果たしてテスト自体に何の意味があるのか…。

 

「原発は発電のコストが安い」という言葉も聞きますね。果たしてそうでしょうか。連続で稼動している間はそうかもしれません。原発を作り続けて、発電も続けていけばね。原発はランニングコストだけを考えれば、確かに他よりは安いのでしょう。でも、あくまでも発電だけの話しで、始める時も、終わらせる時はもっと、お金がかかります。他の発電方式と違って、発電をやめたとはいえ、そのまま放っておくわけに行かないからです。使用済みの核燃料なんて、埋めて、問題を先送りしているだけでしょう?

 

都合の悪いことは隠すから不信感を生んで、話し合いすら出来ないような状況になるんですよね。

 

どう思います?

 

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき

再稼動 1

今日の新潟県央地区は、梅雨次期ではありますが、青空の広がるいい天気でした。明後日くらいまでは、結構良い天気のようですよ。

 

いやー、しかし怠けた怠けた(汗)

少ないながらも、訪問してくださってる方、ごめんなさい。

 

今回は原発の再稼動に関して。

 

原子力発電所の再稼動がほぼ確定となり、推進派、反対派共に、過激な論争がされております。推進に関しての市民活動的なものはあまり聞きませんが、反対派は市民活動的なものも多いですよね。しかし、前にも書きましたが、どうして皆、2者択一でしか考えないのでしょうかね。

 

推進派にしても反対派にしても、意見がすごく中途半端だし、互いの意見の抱える問題点に関しては、殆んど論ずる(報道される)ことがありません。お互いに、言い合いばかりをするのではなく、同じ席について話し合いをしてみると、お互いに誤解している、または知らなかった部分が出てくると思うのですけれどもね。まぁ、専門家辺りは、その辺もわかっていて発言しているのかな?

 

この件に関して騒いでいる人って、原発の無い町の人ってイメージがあります。イメージですよ、あくまでも。でもね、原発が身近にある人は、あんなに軽率な発言は出来ないはずです。原発が危険なことは百も承知ですが、原発がなくなることで、生活できなくなる人も事実いるのです。節電を強いられることで、会社自体が立ち行かなくなる企業もあるのです。

 

正しいやめ方っていうのを、皆で真剣に考えるべきだと思うんですが、皆さんはどうでしょう。

 

長くなりすぎるので、今回はこの辺で。

 

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき

トツキトウカ

今日の新潟県央地区は、ムシムシの暑苦しい天気でした。ギラギラ太陽が照り付けるのも困りますが、曇ってるのに25度もあると、ジワリと汗ばんで気持ち悪いです。 管理人は暑いのは苦手です。

 

今回は「トツキトウカ」に関して。

 

かなり前に聞いたことの有るびっくり発言を久しぶりに再び聞き、昔の記憶がよみがえりました。女性にかかわる話しなのですが、それはどちらも女性の口から発せられた物でした。

 

「私の誕生日は12月24日なんですけど、逆算するとバレンタインに出来た子供なんですよねぇ。ロマンチックでしょう?」

 

えっ!?(-_-;)

 

何がロマンチックなのかは置いておいて、皆様はすでにお気づきかと思いますが、彼女は計算を間違っています。彼女は「トツキトウカ」の意味を、カレンダー上の10ヶ月と10日と認識していたのですね。世の男性も、このように思っている人は多いと思いますが…。

 

妊娠期間を数える際は、1ヶ月は7日×4週=28日を1ヶ月として使用します。なので「トツキ」とは28日×10ヶ月=280日となります。月の公転周期とほぼ同じですね。(つきの満ち欠けの周期とは違いますよ) 月経もこの周期です。(よね?)

 

学校でちゃんと教えているはずなんですけど、覚えていないんでしょうね。

 

ついでに、女性関連での勘違いをもう一つ。

「オギノ式」って聞きますよね。殆んどの人は「あぁ、避妊法ね」と思うでしょう。大きく間違っているわけではありませんが、オギノ式とは本来妊娠しやすい日を探るための方法で、避妊するためのものでは無いんだそうです。新潟市にお住まいの方、地元の有名人なのですから、間違っている人がいたら教えてあげましょう(笑)

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき