トップページ>2014年11月

2014年11月

カテゴリー


アーカイブ

コーヒーのドリップバッグ

今日の新潟県央地区は、日差しもあり、暖かな1日でした。

建物の中の方が寒いくらいでしたね。

そうそう、先日車の温度計のところに、今年初めての「凍結注意マーク」がでました。

もうそんな季節なんですね。

 

 

今日はコーヒードリップバッグの話。

 

最近感心したことがありまして、大したこと無いのですが、コレが増えてくれると良いなと思ったので、書いてみました。

 

ご存知の通り?、管理人はコーヒー大好きで、普段会社ではブルックスのドリップバッグを愛飲しております。

味も不満無く、手軽で便利なのですが、沸騰ポットを使って湯を注いでいるので、時々勢い余って溢れさせてしまうんですなぁ。

そうすると、せっかく入れた美味しいコーヒーの中に、細かい豆が溢れ出て混ざり、せっかくのコーヒーが台無しに(涙)

 

で、先日、丁度ブルックスを切らしていたときの繋ぎとして、ローソンでドリップバッグのコーヒーを買ったのですが、そのドリップバッグがちょっと変わってまして…

 

通常、ドリップバッグは、頭の部分を切り取って、開いた口に湯を注ぐのですが、ローソンのバッグは頭を千切る必要が無いんです。

広げるだけでへこみが出来て、丁度内側に蓋がされた状態になるんで、湯を注ぎすぎても豆が溢れ出ないんですよ。

 

まぁ、お湯は溢れ出ますけどね(笑)

 

 

 

この方式を、ブルックスも採用してくれないかなぁ、と思う今日この頃でした(笑)

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき

視聴率

今日の新潟県央地区は、鉛色の空と一日中の雨模様で、「冬になったんだなぁ」と思わせる天気でした。 まぁ、昨日と比較すれば、風が無いのでかなりマシなのですが…

 

 

 

今回は視聴率について。

 

関係者がそれを見て一喜一憂している「視聴率」。

常々不思議に思っていたことなのですが、皆さんは視聴率に関して不思議に思ったことは無いでしょうか。 どうやって調べているんだろう、とか、どれくらいの世帯の情報を集めてるんだろう、とか…

 

 

 

調査対象となる視聴者は、ランダムに選ばれます。

ランダムと言っても、対象となる世帯数を、求めるサンプル数で割って、世帯に振られた世帯番号を、出てきた数でスキップしながら、対象を選んでいく方式です。

まぁ、世帯番号の振り方も影響するでしょうが、偏りが出ないようにしているわけです。

調査する世帯も、2年くらいですべて入れ替わるペースで変更しているそうなのですが、自分の家に来たいこともありませんし、本当かどうかは分かりません。

ちなみに、「調査結果に影響が無いように、機器は秘密裏に取り付けられる」と言う話を聞きますが、そんなことは無く、ちゃんと許可を取って設置されます。

個人視聴率お願いされている世帯は、登録した本人が「私が見てます」ボタンを押してから視聴しますので、こっそり調べるなんてことは出来ないわけです。

 

 

調査の方法ですが、オンラインで行う方法と、アンケートのように記入してもらう方法があります。

記入式に関しては、もっとも頻繁に行われる地区でも、各月1週間のみで、少ないところでは4月と10月のみなんて地区もありますので、オンラインデータの補完的な意味なのでしょうか。

データは個人単位で5分刻みのテーブルに記録します。はっきり言って非常に面倒くさいのです。

 

 

オンラインは2種類あって、個人の単位でデータを取る方式と、家庭の単位で取る方法があります。

 

個人の単位で情報を収集する地区は非常に限られていて、東京・名古屋・関西の3地区のみで、各エリア600世帯のサンプル数なので、合計でも1800世帯です。

誰が見ているかを特定するために、対象世帯の方は視聴前に自分のボタンを押してから視聴します。

 

世帯単位で情報を取るエリアには2種類あって、8地区1600世帯が毎日、16地区3200世帯が各月2週間のみの調査となります。

 

従いまして、視聴率をオンラインではじく場合のサンプル数は、最大6600世帯(×テレビの台数)でして、速報のように雑誌などに乗っている数字のサンプル数は、この約半分の3400世帯からの情報を元に計算されます。

情報は記入式と違い、1分刻みで集められます。

なので、瞬間視聴率なんてものが分かるわけなんですが…

 

 

皆さんはこのサンプル数をどう思いますか?

管理人なんかは、非常に少ないと思うのですが…

 

 

さらに、最大の問題は、録画してから視聴する番組は考慮されていないと言うこと。

管理人なんかは、リアルタイムに番組を見ることのほうが少ないくらいで、録画してから好きな時間に見ることの方が圧倒的に多いです。

カミさんも、息子も、録画ばかり見てますから、管理人宅で視聴率を調査すると、何にも番組を見ない世帯をなるわけですなぁ(笑)

 

なので、視聴率として出てくる数字事態が、どれくらい実態を反映しているものなのかと考えると、非常に怪しいものだ言わざるを得ないと思います。

 

 

 

 

そうそう、管理人の中での最大の謎は、どうして皆さんは決定的瞬間がテレビを観ずとも分かるのかということ。

例えばあるドラマの場合、「だれだれの登場シーンで最高視聴率を記録!」とかあるでしょ。

テレビ見てなきゃ、その瞬間は分からないですよね…

 

 

どなたか、このからくりを教えてくださ~い。

 

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき