トップページ>管理人ブログ>管理人のつぶやき>コーヒーのドリップバッグ

管理人ブログ

カテゴリー


アーカイブ

コーヒーのドリップバッグ

今日の新潟県央地区は、日差しもあり、暖かな1日でした。

建物の中の方が寒いくらいでしたね。

そうそう、先日車の温度計のところに、今年初めての「凍結注意マーク」がでました。

もうそんな季節なんですね。

 

 

今日はコーヒードリップバッグの話。

 

最近感心したことがありまして、大したこと無いのですが、コレが増えてくれると良いなと思ったので、書いてみました。

 

ご存知の通り?、管理人はコーヒー大好きで、普段会社ではブルックスのドリップバッグを愛飲しております。

味も不満無く、手軽で便利なのですが、沸騰ポットを使って湯を注いでいるので、時々勢い余って溢れさせてしまうんですなぁ。

そうすると、せっかく入れた美味しいコーヒーの中に、細かい豆が溢れ出て混ざり、せっかくのコーヒーが台無しに(涙)

 

で、先日、丁度ブルックスを切らしていたときの繋ぎとして、ローソンでドリップバッグのコーヒーを買ったのですが、そのドリップバッグがちょっと変わってまして…

 

通常、ドリップバッグは、頭の部分を切り取って、開いた口に湯を注ぐのですが、ローソンのバッグは頭を千切る必要が無いんです。

広げるだけでへこみが出来て、丁度内側に蓋がされた状態になるんで、湯を注ぎすぎても豆が溢れ出ないんですよ。

 

まぁ、お湯は溢れ出ますけどね(笑)

 

 

 

この方式を、ブルックスも採用してくれないかなぁ、と思う今日この頃でした(笑)

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき