トップページ>管理人ブログ>管理人のつぶやき>冬の暖房

管理人ブログ

カテゴリー


アーカイブ

冬の暖房

今日の新潟県央地区は、朝方は割と穏やかな天気でしたが、日中は雪もチラつく気候で、非常に寒い一日となりました。徐々に暖かくなって来ているが故に、たまのこの気温は、ことさら寒く感じますね。

 

 

 

今回は冬季の暖房の話

 

新潟県ですと、冬の暖房は必需品で、一般的な家庭では石油ストーブや石油ファンヒーターをお使いかと思います。 最もポピュラーなのは、ファンヒーターでしょうか。 石油ストーブも、過去の停電の経験から、電気が無くとも使用できる暖房器具として、見直された時期もありましたので、お持ちの方も多いかと思います。

 

ファンヒーターは、温風を吹き出しますので、早く暖かい空気を部屋全体にまわすことが出来ます。 対して、石油ストーブは、対流式や反射式などが一般的で、反射式はストーブ前面に在るものを温めますが、基本的にはどちらも、自らが温めた空気の上昇気流によって起こる対流で、部屋全体を温めます。

 

ネットでは、ファンヒーターの方が石油の消費量が少ないとか、石油ストーブは暖まらないとか、いろいろな意見が飛び交っていますが、石油を燃焼させて熱を取出しているのは変わりがないので、熱効率の面からすれば、大差ないと管理人は考えています。

 

ファンヒーターの優れている点は、温度を設定して、それに応じて火力の調整ができるので、その点の無駄は無いかもしれません。 それと、温風が吹き出ますので、すぐに暖まる気がするのも、効率がいいような気にさせるのかもしれません。

 

部屋の暖まる速度を決定づけるのは、勿論、暖房器具の能力によるところも大きいのですが、むしろ、温める部屋全体の比熱によるところが大きいのです。 簡単に言えば、何もない部屋はすぐに暖まります。 物の多い部屋、特に比熱の大きいものがある部屋は、非常に暖まりにくくなります。 逆に、比熱の低い部屋は冷め易く、大きい部屋は冷めにくくなります。

 

部屋の空気を温めるのは比較的に容易なことで、暖房の熱の多くを奪っているのは、家具や、壁、床、天井です。 皆さん、日ごろからあまり意識していないのでピンと来ないかもしれませんが、部屋の空気の入替を行ったときのことを思い出してください。 窓を開けて冷たい空気が入ってきたときは寒くなりますが、閉めると直ぐに暖かくなりますよね。 これは、比熱の大きいものは冷めにくいので、窓を開けた程度では、ため込んだ熱が失われていないからなのです。

 

 

そうそう、安全の観点からあまり推奨はされていませんが、石油ストーブの上にケトルを載せてお湯を沸かしたり、鍋を載せて煮込んだりしてますよね。 ウチのカミさんなんかも「無駄がなくていいでしょ?」なんて言うのですが、石油ストーブの天板から上がる熱気も、決して無駄なんかではなく空気を温めているわけなので、鍋などを載せれば、鍋に熱が奪われ、その分、部屋は暖まらなくなります。 洗濯物も同様ですよね。水分が蒸発する際に、大量の熱を奪っていきます。 発生させている熱量は一緒なんですから、比熱が高くなればなるほど、部屋の暖まる速度は遅くなります。

 

と、言ったところでそれをやめるわけでは無いので、言うだけ無駄なんですが…(笑)

 

 

 

そうそう、加湿器代わりに、ストーブの上にケトルを載せて湯を沸かしていますが、石油が燃焼する際に、結構な水分が発生しますので、あまり必要がないどころか、過剰な湿気を産んで、風通しの悪い箇所にカビを発生させますのでご注意を! 皆さんビックリするかもしれませんが、灯油1リットルが燃焼すると、おおよそ同量の水が発生するんですよ!

 

 

 

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき