トップページ>2019年11月

2019年11月

カテゴリー


アーカイブ

電気自動車

今日の新潟県央地区は、昨晩の嵐と打って変わって穏やかな一日でした。気温は決して高くありませんでしたが。

 

 

さて今回は、電気自動車の話し

 

最近朝晩冷え込むようになり電気自動車には厳しい季節となってまいりました。

まぁ、厳しいと言っても、不便を感じるわけではなく、余裕がなくなる程度なんですが、無理が効かなくなるのは確かです。

 

管理人は現在、某日産の電気自動車に乗っているのですが、やはり過渡期の技術であることは否めなく、夏は電池の温度が高くなる事に悩み、冬は冷えすぎによる 充填率の低下とヒーターの電力消費に悩むと言う日々を送っております。

あっ、誤解の無い様に言っておきますが、上記の問題があったとしても、それ以上のメリットはあると思いますので、管理人的には不自由は感じていません。

むしろ、このプチ不便を楽しんでいますね(笑)

 

 

電池はリチウムイオン電池が搭載されていまして、管理人の車の場合30kwhの容量を持っているのですが、現在は多少劣化が進んでいまして、新車時の約80%強の容量しかありません。つまり、約24kwhですね。

電費が平均8km/w位ですので、おおよそ200km弱走行が可能なわけです。

しかし、実際にはすべて消費することは出来ないので、おおよそこの7掛けくらいの走行可能距離で考えて日々走っています。

 

 

電気自動車は、動力機関で殆ど熱を発生しませんので、余熱を使っての暖房が出来ません。冷房に関しては条件的には一緒だと思いますが。

 

エアーコンディショニングに関しては、クーラーとヒーターの比較でいくと、遥かに暖房の方が電気を食います。

それは、設定温度に対しての温度差から来るもので、冷房の場合は10度程度のコンディショニングでいいところ、暖房の場合は20度近い温度差を埋めなければいけないからです。単純に同じ効率だとすれば、2倍の電気を食うわけです。

ですので、電費は冬が一番悪くなります。

ちなみに、今くらいの季節は、シートヒーターのみを使用し、暖房は殆ど使いません。

さすがに雪が降るような気温になると多少は使いますが、そんな時も主たる目的は窓の曇り取りで、用が済めば消してしまいます。

 

 

同じく、冬に発生する問題として、充電時の効率の問題があります。

リチウム電池は電池そのものの温度が低すぎると、充電できるスピードが落ちます。

同じ充電器で、同じ残量からの充電でも、入る量は10%以上低くなります。

ですので、帰り際電池が少ないな、と言うときは翌朝まで持ち越さず、走行後すぐに充電する様にします。

 

逆に夏は、電池の温度が高くなりすぎて充電効率に影響が出ます。

通常の使用ではそれ程電池の温度は高くなりませんのでいいのですが、高速走行を行った後などは電池の温度が上昇していますので、レッドゾーンに入ると電池を保護するために充電に制限がかかります。

急速充電ですと、充電時の負荷により電池の温度も上昇しますので、夏場もまた電池の温度との戦い?になるんですよね。

テスラなどは電池の温度をコントロールする装置を持っているのですが、コストの関係からか我車にはそういったものは付いておりません。

冬場の温度低すぎは漏れなくですが、夏場の高温は高速道路を使っての長距離移動時のみなので、滅多に遭遇するケースでもないのですけどね。

 

 

まぁ、実際のところ、ある程度は人柱なのだなと言う感覚はあります。

いい方を変えれば、メーカーと共に車を作っていると言うことでもあります。

100%電気自動車になる時代は、私が存命の内はないと思いますが、結構な割合にはなると思いますので、そのときに備えてノウハウの蓄積をしておこうと思います(笑)

 

 

 

 

 

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき

DIYに思うところ

今日の新潟県央地区は、午前中は小雨がぱらついたりしていましたが、午後からは晴れ間の広がるよい天気となりました。

また明日から崩れるみたいですけどね(涙)

 

 

今回は「リフォームや修理」などについて

 

今や、ホームセンターに行けば工具も材料も手に入り、チョッとした修繕や、リフォーム(リノベーション)ならば、個人で気軽にできる様になってきました。

木材も金具も豊富に売ってますし、大物は現場でカッティングもしてくれますしね。

家の強度設計に問題が出るような大掛かりなものでなければ、壁のサイディングの補修や、仕切りの追加など、かなり手軽にトライ出来そうな雰囲気にさせてくれますよね。

 

管理人は祖父の仕事の関係もアリ、小学生のことから丸ノコから、電動かんな、チェーンソーまで扱う環境にいましたので、時間と金さえあれば自分で小屋くらい立てるのは問題ないですし、家のリフォームくらいなんて事無いのですが、それでも専門の業者と比較した際、どうしようもないことが一つだけあります。

 

それが「産廃の処理」です。

 

チョッとした工作程度なら、小さく切って燃えるごみに出すことも出来ますが、さすがにサイディングを貼り変えた時に出た廃材の処理となるとそうは行かないわけで、こういった廃棄物の処理が素人には一番厄介なことなのです。

大体DIYに挑戦するときは、道具や材料のことは考えますが、後始末まではなかなか考えが及ばないものです。

 

チョッと大掛かりになって産廃の量が多くなると、処理費などもバカになりませんからねぇ。

プロはこの辺のルートも持っているからプロなんですよね。

 

 

 

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき

振込銀行口座 銀行支店名の変更

弊社取引先銀行の統廃合に伴い、令和1年10月28日より銀行支店名が下記の通り変更になっております。

 

 

旧支店名 : (北越銀行) 燕支店

新支店名 : (北越銀行) 燕中央支店

 

 

本日現在、既に支店名は変更されておりますので、送金の際は新支店名にてお手続きをお願いします。

 

お振込をいただく際は御注意願います。

 

 

 

カテゴリー : 更新情報