トップページ>管理人ブログ

管理人ブログ

カテゴリー


アーカイブ

みつやくんのマークX

今日の新潟県央地区は、雨が降ったり止んだりの中途半端な天気でした。 気温はかなり下がりましたが、雨のせいなのか非常にジメジメした、不快な天気でした。

 

 

「みつやくんのマーク X/渡辺茂男 (著) エムナマエ(イラスト)/あかね書房」

 

確かオリジナル(初版本)が出版されたのは1973年じゃなかったろうか。

小学校に入学したときには既にこの本が学校の図書館にあり、偶然見つけ たこの本をどれくらい読んだだろう。やがて大人になり、就職して落ち着いた頃、また読んでみたくなり、書店を探して見たがどこにも無し。

 

図書館などにも問い合わせたが見つけられず。最終的に会社近くの小学校にある事を突きとめ、社内でその小学校に通う子を持つ親に頼み込んで借りて きてもらい、全ページをスキャンして、何とか再読はかなったのだけれども、その本自体もボロボロで、「あぁ、もう入手は出来ないのかな…」と諦めていた所、復刊ドットコムと言うサイトを発見!

 

このサイトは、ある一定数のリクエストが貯まると、出版社に復刊をかけあってくれると言う所で、管理人が投稿する前に3人くらいいたんだっけなぁ…? その後もそれほどリクエスト数も伸びず、ダメなのかなぁとあきらめかけていた頃復刊の連絡があり、びっくりしたと同時に、非常にうれしかったことがつい先日のように思い出されるのだけれども、、、

 

復刊されて、価格も2倍近くになり、その当時は未来のエンジンとして紹介されていたローターリーエンジンの記述が、微妙に変更されてたりもしたけれど、挿絵は完全にオリジナルのままだったし、話しの流れに大きな影響は無いので良しとしつつ、3冊購入。

 

1冊は息子用。もう1冊は自分用。もう一冊は保存用(笑)

 

 

復刊されたのは2007年で、あれから10年以上経ったいま、知り合いの子供が年頃になり、勝手にプレゼントしようと思い、追加で購入しようかなと思いネットで検索したところ、、、

 

5,980円ですと!!??

 

どうやら在庫が無くなって、プレミアが付いているらしい。

高いものだと8,000円を超えるものも!

 

いやー、流石に躊躇しちゃうなぁ…

 

重版されないかなぁ…

 

 

そうそう、この本は自分にとってはバイブルのようなもので、その後の人生にも大きな影響をうけたのは間違いなく、是非、我が母校の後輩にも読ませたいと思い学校に寄附を申し出たのだが、手続きが煩雑で面倒だと断られてしまったのはチョッとびっくりでした。

 

 

 

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき

フルヤノモリ

今日の新潟県央地区は、午前中は日差しも挿すいい天気だったのですが、予報通り午後からは崩れ始め、新潟の冬らしい天気に。 まぁ、雪じゃ無いだけ楽だから良しとするか…。

 

 

今回は、えっ、それ知らないの!?、の話し。

 

会社で皆で話しているときにびっくりした事なんだけれども、「ふるやのもり」と「まんじゅうこわい」を、皆に知らないと言われた。

片や昔話、片や落語と、ジャンルは違えど、超有名な話しだ(と思うんだが…)

 

「まんじゅうこわい」は聞いた事があるけど、中身はよく分らない。「ふるやのもり」に関しては聞いた事も無いと言う。

 

 

念のために簡単に解説すると、

 

<まんじゅうこわい>

暇をもてあました町人が集まって怖い物の話しをしていると、そんなくだらない物がこわいなんてだらしないとうそぶく主人公。 だが、本当は怖い物があるんだろうと攻め立てられ、しぶしぶと「まんじゅうがこわい」と白状する。

町人たちは「あいつを怖がらせてやれ」と大量にまんじゅうを買い込み、主人公の部屋に投げ込むと、怖い怖いといいながらまんじゅうほおばった姿を見て、だまされたことに気が付く町人。

頭に来た町人は主人公に向けて「本当に怖い物は何だ!」と問い詰めると、「濃いお茶が一杯怖い」と答えると言うオチ。

 

<ふるやのもり>

雨が降る夜、爺さんが子供たちに話しを聞かせていた。

「爺さん、一番怖い物は何だ」と聞かれ、「人間なら泥棒が怖い」

丁度、ウマを盗もうと屋根裏に忍び込んでいた泥棒がニヤリ。

「じゃあ獣ならば何が怖い」と聞かれ「獣ならばオオカミが怖い」

丁度、ウマを食べようと馬小屋に忍び込んだオオカミがニヤリ。

「じゃあ、泥棒よりも、オオカミよりも怖い物は何だ」と聞かれた爺さん、

 

「それは、フルヤノモリだ」

 

これを聞いた泥棒とオオカミは、ガクガク、ブルブル。

 

フルヤノモリとは古い家の雨漏りの事なのだが、そんな事を知らない泥棒の上に雨がポタリと落ちてきてびっくりし、屋根裏からオオカミの上に落ちてしまった。

今度は、落ちてきた泥棒をフルヤノモリだと思ったオオカミは、泥棒を乗せたまま一目散に逃げ出した。

 

このあと、泥棒はオオカミから逃げるときに穴に落ち、オオカミはフルヤノモリを確かめるために、日が昇ってからサルに尻尾を穴の中に垂れさせると、これは助かったとばかりそれを泥棒がつかむと、びっくりしたサルの尻尾が切れ、前のめりに転び、それからサルの尻尾は短くなり、顔が赤くなったと言うオチ。

(地方によっていろいろなパターンがあるらしいが…)

 

 

これを知らないとはびっくりなんだが、みんな知らないのか?

 

でも、確かに、ウチの子は知らないと思うなぁ…

 

いかんいかん、日本昔話のビデオを見せなくちゃ!

 

あっ、、、ビデオデッキないや(汗)

 

 

 

 

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき

車検

今日の新潟県央地区は、風に雪に非常にあれた天候の一日でした。今の所の積雪はたいしたこと無いけど、なんだか積もりそうな感じの降り方なので、明日の朝がまた心配(笑)

 

 

今回は車検の話

 

昨日、愛車の車検が終わりました。

 

もう6回目の車検なので、あちこち直さなくてはならないのは分るんだけど、新しく担当になった新人さんが、非常に心配性なのか、はたまた、そういったマニュアルなのか分らないけれども、非常に細かく説明をしてくれた上に、もしかすると車検に通らないかもしれないと伝えてきた。

 

個人で車検を通すわけじゃ無いんだから、まぁ、普通、車検に通るように整備をしてから、検査を通すのだけれども、万が一がありますのでと言ってくる(笑)

個人で通す時だって、車検場近くのテスター屋で、あらかじめ検査してから持ち込むから、ライン上で不合格なんて事はめったに無い(笑)

 

 

大きな懸念点は2つ

 

一つは右前タイヤハウスの錆び

もう一つは社外品のマフラー

 

タイヤハウスの錆びは、入手した時からの物で、錆を落してタッチアップしてあったところが、また錆びてきたらしい。板金作業となると、20万くらいかかるかも知れないとの脅し。20万もくれるなら俺が下請けするって(笑) タイヤハウス丸ごと交換するつもりなのか?(笑)

 

社外マフラーは、JASMA認定品だけれども、分割されているサブタイコにプレートが無いと言う話で、もしかすると純正に交換する事になるかも知れないと。実際問題、純正以外のマフラーであれば、プレートが在ろうと無かろうと、近接排気騒音(だったかな?)は測定されるので、ハッキリ言ってプレートなんか意味無いんだけど(笑) 純正品だって中が腐ってて爆音になってりゃ不合格だしね。

 

で、最後に新人さん「もし検査当日に電話が無ければ、問題が無かったと思っていてください。何かあったら携帯に電話します」と。

 

 

そして、検査当日、5時前まで連絡が無かったので、問題なかったんだなと思っていたら、5時過ぎに携帯がなってドッキリ! あちゃー、何か引っかかったのかな?と思いながら電話に出ると、「管理人さん!車検通りましたよ!大丈夫でした!」とのご報告(笑)

 

車検に通るだけで、こんなに喜んでもらえるとは思わなかった(笑)

 

 

実際問題、ターボのオイルシールも傷んでいるし、いつブローするかと車検どころの話では無いんだが、整備の人と話をしたらインタークーラーのあたりまでオイルで汚れていたとの事なので、大手術をしない限り、次の車検は無いのかなぁ、なんて考えてしまった今回の車検。

 

 

でも新人さん、そんなテンションでやってると疲れちゃうぞ(笑)

 

 

 

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき

バッテリー交換

今日の新潟県央地区は、雨が降ると言われながらも小雨(スコール)程度で、かえって不快指数が増した蒸し暑い一日でした。

そろそろ涼しくなって欲しいですねぇ。

 

 

今回は、UPSのバッテリー交換のお話。

 

ピッ、ピッ、ピッ、ピッ、ピッ、ピッ、とバッテリー交換したほうがいいぜー、というアラームを無視して数週間。 先日ついに最終警告とも言えるピーーーーーーーーーーーーーーーーーーと言う悲鳴のような警告が鳴った。

 

UPSの役割をしていないのは重々承知していたのだが、今はたいした物つながってないからいいかな(笑)と放置していたんだが、さすがにこの最終警告はうるさい(笑)(1分後くらいに鳴り止むんだけども)

 

APCの純正バッテリー交換キットを購入すると4諭吉前後するので、バッテリーサイズと容量から同等品を探すと、2輪車用のバッテリーがヒット。しかも、同等品も国産のY社の高級品は結構な値段がするので、台湾製をチョイス。

多分、APCの純正品はY社製。スペックは基準を満たしているけど、実際のパフォーマンスが分らないので、容量は10%アップの物を購入。でも、価格は80%ダウン(笑)

 

 

と言う事で、早速フロントのパネルを外して、バッテリーを引っ張り出すと、、、

 

「あっ、マイナス端子が腐ってる、、、」

「ネジが外せねぇじゃ無いか、、、」

 

場所的に、モンキーもバイスも入らない(入っても回せない)ので、面倒くさいからドリルでネジの頭をモミとってしまえ~!(笑) と、無事に分解完了。

 

 

さて、新品のバッテリーを向かい合わせに両面テープでくっつけて、フューズを取り付けて、、、、  って、穴の位置が合わない~!

 

互換品(?)には有りがちなトラブルに見事遭遇。

大きさは一緒だったけど、端子の位置とか微妙に違うもんだなぁ、、、等と関心しながら、ドリルでビューンと穴位置あわせ。

電気なんか十分な接触面積があれば、導通に問題は無いので、この辺は力技で(笑)

 

後は、端子カバーを取付けて、次回の引張り出し用のふんどしをくっつけて完成!

 

 

現在は、警告音も、無駄なクーリングファンの回転も無く、非常に静かに(笑)

 

 

 

事務所ってこんなに静かだったのね(笑)

 

 

Battery Before

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき

冬の暖房

今日の新潟県央地区は、朝方は割と穏やかな天気でしたが、日中は雪もチラつく気候で、非常に寒い一日となりました。徐々に暖かくなって来ているが故に、たまのこの気温は、ことさら寒く感じますね。

 

 

 

今回は冬季の暖房の話

 

新潟県ですと、冬の暖房は必需品で、一般的な家庭では石油ストーブや石油ファンヒーターをお使いかと思います。 最もポピュラーなのは、ファンヒーターでしょうか。 石油ストーブも、過去の停電の経験から、電気が無くとも使用できる暖房器具として、見直された時期もありましたので、お持ちの方も多いかと思います。

 

ファンヒーターは、温風を吹き出しますので、早く暖かい空気を部屋全体にまわすことが出来ます。 対して、石油ストーブは、対流式や反射式などが一般的で、反射式はストーブ前面に在るものを温めますが、基本的にはどちらも、自らが温めた空気の上昇気流によって起こる対流で、部屋全体を温めます。

 

ネットでは、ファンヒーターの方が石油の消費量が少ないとか、石油ストーブは暖まらないとか、いろいろな意見が飛び交っていますが、石油を燃焼させて熱を取出しているのは変わりがないので、熱効率の面からすれば、大差ないと管理人は考えています。

 

ファンヒーターの優れている点は、温度を設定して、それに応じて火力の調整ができるので、その点の無駄は無いかもしれません。 それと、温風が吹き出ますので、すぐに暖まる気がするのも、効率がいいような気にさせるのかもしれません。

 

部屋の暖まる速度を決定づけるのは、勿論、暖房器具の能力によるところも大きいのですが、むしろ、温める部屋全体の比熱によるところが大きいのです。 簡単に言えば、何もない部屋はすぐに暖まります。 物の多い部屋、特に比熱の大きいものがある部屋は、非常に暖まりにくくなります。 逆に、比熱の低い部屋は冷め易く、大きい部屋は冷めにくくなります。

 

部屋の空気を温めるのは比較的に容易なことで、暖房の熱の多くを奪っているのは、家具や、壁、床、天井です。 皆さん、日ごろからあまり意識していないのでピンと来ないかもしれませんが、部屋の空気の入替を行ったときのことを思い出してください。 窓を開けて冷たい空気が入ってきたときは寒くなりますが、閉めると直ぐに暖かくなりますよね。 これは、比熱の大きいものは冷めにくいので、窓を開けた程度では、ため込んだ熱が失われていないからなのです。

 

 

そうそう、安全の観点からあまり推奨はされていませんが、石油ストーブの上にケトルを載せてお湯を沸かしたり、鍋を載せて煮込んだりしてますよね。 ウチのカミさんなんかも「無駄がなくていいでしょ?」なんて言うのですが、石油ストーブの天板から上がる熱気も、決して無駄なんかではなく空気を温めているわけなので、鍋などを載せれば、鍋に熱が奪われ、その分、部屋は暖まらなくなります。 洗濯物も同様ですよね。水分が蒸発する際に、大量の熱を奪っていきます。 発生させている熱量は一緒なんですから、比熱が高くなればなるほど、部屋の暖まる速度は遅くなります。

 

と、言ったところでそれをやめるわけでは無いので、言うだけ無駄なんですが…(笑)

 

 

 

そうそう、加湿器代わりに、ストーブの上にケトルを載せて湯を沸かしていますが、石油が燃焼する際に、結構な水分が発生しますので、あまり必要がないどころか、過剰な湿気を産んで、風通しの悪い箇所にカビを発生させますのでご注意を! 皆さんビックリするかもしれませんが、灯油1リットルが燃焼すると、おおよそ同量の水が発生するんですよ!

 

 

 

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき

 古い記事へ»