トップページ>管理人ブログ

管理人ブログ

カテゴリー


アーカイブ

電気自動車

今日の新潟県央地区は、昨晩の嵐と打って変わって穏やかな一日でした。気温は決して高くありませんでしたが。

 

 

さて今回は、電気自動車の話し

 

最近朝晩冷え込むようになり電気自動車には厳しい季節となってまいりました。

まぁ、厳しいと言っても、不便を感じるわけではなく、余裕がなくなる程度なんですが、無理が効かなくなるのは確かです。

 

管理人は現在、某日産の電気自動車に乗っているのですが、やはり過渡期の技術であることは否めなく、夏は電池の温度が高くなる事に悩み、冬は冷えすぎによる 充填率の低下とヒーターの電力消費に悩むと言う日々を送っております。

あっ、誤解の無い様に言っておきますが、上記の問題があったとしても、それ以上のメリットはあると思いますので、管理人的には不自由は感じていません。

むしろ、このプチ不便を楽しんでいますね(笑)

 

 

電池はリチウムイオン電池が搭載されていまして、管理人の車の場合30kwhの容量を持っているのですが、現在は多少劣化が進んでいまして、新車時の約80%強の容量しかありません。つまり、約24kwhですね。

電費が平均8km/w位ですので、おおよそ200km弱走行が可能なわけです。

しかし、実際にはすべて消費することは出来ないので、おおよそこの7掛けくらいの走行可能距離で考えて日々走っています。

 

 

電気自動車は、動力機関で殆ど熱を発生しませんので、余熱を使っての暖房が出来ません。冷房に関しては条件的には一緒だと思いますが。

 

エアーコンディショニングに関しては、クーラーとヒーターの比較でいくと、遥かに暖房の方が電気を食います。

それは、設定温度に対しての温度差から来るもので、冷房の場合は10度程度のコンディショニングでいいところ、暖房の場合は20度近い温度差を埋めなければいけないからです。単純に同じ効率だとすれば、2倍の電気を食うわけです。

ですので、電費は冬が一番悪くなります。

ちなみに、今くらいの季節は、シートヒーターのみを使用し、暖房は殆ど使いません。

さすがに雪が降るような気温になると多少は使いますが、そんな時も主たる目的は窓の曇り取りで、用が済めば消してしまいます。

 

 

同じく、冬に発生する問題として、充電時の効率の問題があります。

リチウム電池は電池そのものの温度が低すぎると、充電できるスピードが落ちます。

同じ充電器で、同じ残量からの充電でも、入る量は10%以上低くなります。

ですので、帰り際電池が少ないな、と言うときは翌朝まで持ち越さず、走行後すぐに充電する様にします。

 

逆に夏は、電池の温度が高くなりすぎて充電効率に影響が出ます。

通常の使用ではそれ程電池の温度は高くなりませんのでいいのですが、高速走行を行った後などは電池の温度が上昇していますので、レッドゾーンに入ると電池を保護するために充電に制限がかかります。

急速充電ですと、充電時の負荷により電池の温度も上昇しますので、夏場もまた電池の温度との戦い?になるんですよね。

テスラなどは電池の温度をコントロールする装置を持っているのですが、コストの関係からか我車にはそういったものは付いておりません。

冬場の温度低すぎは漏れなくですが、夏場の高温は高速道路を使っての長距離移動時のみなので、滅多に遭遇するケースでもないのですけどね。

 

 

まぁ、実際のところ、ある程度は人柱なのだなと言う感覚はあります。

いい方を変えれば、メーカーと共に車を作っていると言うことでもあります。

100%電気自動車になる時代は、私が存命の内はないと思いますが、結構な割合にはなると思いますので、そのときに備えてノウハウの蓄積をしておこうと思います(笑)

 

 

 

 

 

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき

DIYに思うところ

今日の新潟県央地区は、午前中は小雨がぱらついたりしていましたが、午後からは晴れ間の広がるよい天気となりました。

また明日から崩れるみたいですけどね(涙)

 

 

今回は「リフォームや修理」などについて

 

今や、ホームセンターに行けば工具も材料も手に入り、チョッとした修繕や、リフォーム(リノベーション)ならば、個人で気軽にできる様になってきました。

木材も金具も豊富に売ってますし、大物は現場でカッティングもしてくれますしね。

家の強度設計に問題が出るような大掛かりなものでなければ、壁のサイディングの補修や、仕切りの追加など、かなり手軽にトライ出来そうな雰囲気にさせてくれますよね。

 

管理人は祖父の仕事の関係もアリ、小学生のことから丸ノコから、電動かんな、チェーンソーまで扱う環境にいましたので、時間と金さえあれば自分で小屋くらい立てるのは問題ないですし、家のリフォームくらいなんて事無いのですが、それでも専門の業者と比較した際、どうしようもないことが一つだけあります。

 

それが「産廃の処理」です。

 

チョッとした工作程度なら、小さく切って燃えるごみに出すことも出来ますが、さすがにサイディングを貼り変えた時に出た廃材の処理となるとそうは行かないわけで、こういった廃棄物の処理が素人には一番厄介なことなのです。

大体DIYに挑戦するときは、道具や材料のことは考えますが、後始末まではなかなか考えが及ばないものです。

 

チョッと大掛かりになって産廃の量が多くなると、処理費などもバカになりませんからねぇ。

プロはこの辺のルートも持っているからプロなんですよね。

 

 

 

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき

最近気になってること

今日の新潟県央地区は秋晴れの暖かい一日でした。

むしろ暑いくらいだったかな?

管理人はいまだに半袖です。

 

しかし、更新、思いっきりサボりましたねぇ(笑)

まぁ、どれくらいの人が読んでいるかは分りませんが(笑)

もうチョッとまめに更新しないとですね。

 

 

 

今回は、最近気になっている事に関して。

 

 

会社の駐車場前に自動販売機があるのですが、最近チョッと変わった人を見かける様になったんです。

 
一見、パジャマじゃね?と思えるよう軽装で、杖を突きながら歩いてくるおじいちゃんなのですが、その行動が非常に興味深いのです(笑)

 

 

1)会社の裏手の方から杖を突きながら歩いてくる。

 

2)先ずは、会社の前を通り過ぎるときに倉庫入り口のゴミ箱の中をのぞく。
   (別にいたずらしたりはしない)

 

3)そのあと駐車場の端にある自販機の前に移動。

 

4)杖を使って、自販機の購入ボタンを上の列からすべて順番に押す(笑)

    購入するわけではない

   (少なくとも購入しているところを見た事はない)

 

5)すべてのボタンを押し終わると、また同じルートを逆にたどって戻っていく。

 

 

 

まぁ、悪いことしてるわけじゃないし、出来れば杖で自販機をつつかないでほしいなとは思いますが壊されたわけでも無いし、とりあえず放置状態なんですけどね。

 

 

どこの家のおじいちゃんか分らないけれども、もしかしたらウラの病院抜け出て歩いてきてるのかなぁ…

 

 

 

 

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき

ジャパネット

今日の新潟県央地区は、強い寒波の影響で風雪の強い一日となりました。昨晩、気温も氷点下になりましたね。まぁ、昨年のあの天気に比べれば天国ですが(笑)

 

 

今回は通販商品について

 

通勤時はいつもAMラジオを聞いているのだけれども、途中に必ず通販のコーナーが入ります。会社は皆さんご存知のジャパネットたかた。最近は扇風機や、掃除機なんかが多いかな。

 

例えば、コードレス掃除機でよく出てくるのは東芝のトルネオV。一般品の市場での実勢価格は、8月に出た新型で5万円弱、昨年出た旧型は4万円弱くらいでしょうか。

 

ジャパネットでもトルネオVと言う名前のスティック型の掃除機を取り扱っていて、ネットでの価格は54,800円。なぁんだ高いじゃんと思う無かれ(笑) ラジオショッピングでは、下取りと、期間限定値引きなどを含めると、29,800円での販売がいつもの価格で、他社の価格と比べると1万円~2万円安い。

 

おぉ、ならばジャパネットで買わない理由が無いじゃん!と思うところだけれども、ここにはチョッとカラクリがあるわけなんです。

 

もちろん、通常のサイトでの販売、ラジオショッピング、テレビショッピング含め、ちゃんとジャパネットオリジナルモデルだと言う事はちゃんと明示しています。モーターやサイクロンの構造、水洗い出来る出すサイクロン部とダストカップなどは、一般のモデルと一緒です。そうすると「おぉ、同じ性能なにの、ジャパネット安いじゃん!」と思うわけですが、低価格を決定付ける要素を絶対に言う事はありません。一般的なモデルのVC-CL1400/VC-CL1500と、VC-JCL10000は次のような違いがあります。

 

・自走式のモーターヘッドではない

・電池寿命が短くなっている

・エアブロー機能がない

・布団用ブラシが付属しない

 

つまり、ワザワザ交換するとコスト高になる部分はそのままに、機能を省くことで低価格を実現しているわけです。特に、自走式のヘッドと電池に関しては、コストがかかる部分だけに、この2つだけで大幅な低価格化が可能です。

例えば、トルネオVの電池は密閉構造となっていて、交換の際はメーカーに出さなければなりません。ジャパネットモデルは充電回数(電池寿命)1,100回に対して、通常モデルは3,100回と約3倍になっています。毎日充電したとして、ジャパネットモデルは3年で電池交換ですが、通常モデルは8年ほどは持つ計算になります。

 

ジャパネットは、販売の際に嘘は一切ついていません。調べればちゃんと違いもわかります。ただ、メリットを印象付け、デメリットを隠し、お得感を印象付けるのが上手なんですよね。それに、ちゃんと価格なりの価値はあると思います。

 

ジャパネットでやってはいけないことはただ一つ、通常価格で買ってはいけないと言う事。

それだけですね(笑)

 

コードレス掃除機で言えば、ダイソンもそう。

最近、やけに安いダイソンのコードレス掃除機が出てますよね。ダイソンもいろいろなモデルがあったり、モデルチェンジしても非常に似ているので、違いがわからない人も多いのだと思います。そこを上手く突いて、旧々世代のモーターと電池を使って新型(ジャパネット専用モデルとしての)として販売もしています。

 

既に通常品ではV10まで行っているモーターを、ワザワザV6までダウングレードして低価格を実現しているわけです。

 

ジャパネット専用モデルですし、ジャパネット内では新型であるわけなのですが、中身は3世代も前の部品を組み合わせたものなわけです。その代わり、非常に低価格なわけですが、性能もそれなりと考えなくてはならないと言うわけですね。3世代前と言っても、びっくりするほどの差があるわけではありませんので、割り切って買えばそれはそれでお買い得なのだと思います。しかし、最新の性能がジャパネット価格で手に入るんだと思うと、それは間違いだと言うことですね。

 

世の中、そんな甘い話しはないのです(笑)

 

 

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき

みつやくんのマークX

今日の新潟県央地区は、雨が降ったり止んだりの中途半端な天気でした。 気温はかなり下がりましたが、雨のせいなのか非常にジメジメした、不快な天気でした。

 

 

「みつやくんのマーク X/渡辺茂男 (著) エムナマエ(イラスト)/あかね書房」

 

確かオリジナル(初版本)が出版されたのは1973年じゃなかったろうか。

小学校に入学したときには既にこの本が学校の図書館にあり、偶然見つけ たこの本をどれくらい読んだだろう。やがて大人になり、就職して落ち着いた頃、また読んでみたくなり、書店を探して見たがどこにも無し。

 

図書館などにも問い合わせたが見つけられず。最終的に会社近くの小学校にある事を突きとめ、社内でその小学校に通う子を持つ親に頼み込んで借りて きてもらい、全ページをスキャンして、何とか再読はかなったのだけれども、その本自体もボロボロで、「あぁ、もう入手は出来ないのかな…」と諦めていた所、復刊ドットコムと言うサイトを発見!

 

このサイトは、ある一定数のリクエストが貯まると、出版社に復刊をかけあってくれると言う所で、管理人が投稿する前に3人くらいいたんだっけなぁ…? その後もそれほどリクエスト数も伸びず、ダメなのかなぁとあきらめかけていた頃復刊の連絡があり、びっくりしたと同時に、非常にうれしかったことがつい先日のように思い出されるのだけれども、、、

 

復刊されて、価格も2倍近くになり、その当時は未来のエンジンとして紹介されていたローターリーエンジンの記述が、微妙に変更されてたりもしたけれど、挿絵は完全にオリジナルのままだったし、話しの流れに大きな影響は無いので良しとしつつ、3冊購入。

 

1冊は息子用。もう1冊は自分用。もう一冊は保存用(笑)

 

 

復刊されたのは2007年で、あれから10年以上経ったいま、知り合いの子供が年頃になり、勝手にプレゼントしようと思い、追加で購入しようかなと思いネットで検索したところ、、、

 

5,980円ですと!!??

 

どうやら在庫が無くなって、プレミアが付いているらしい。

高いものだと8,000円を超えるものも!

 

いやー、流石に躊躇しちゃうなぁ…

 

重版されないかなぁ…

 

 

そうそう、この本は自分にとってはバイブルのようなもので、その後の人生にも大きな影響をうけたのは間違いなく、是非、我が母校の後輩にも読ませたいと思い学校に寄附を申し出たのだが、手続きが煩雑で面倒だと断られてしまったのはチョッとびっくりでした。

 

 

 

カテゴリー : 管理人ブログ 管理人のつぶやき

 古い記事へ»